ワインの始まり 製造するのに適した条件

###Site Name###

ワインとはブドウを原材料とした果実酒で、その歴史は非常に古く古代エジプトには既に人々が飲んでいた記録があります。


しかし現在のように古いワインが価値のあるものとして扱われるようになるのは醸造技術や保存方法が発展していく近代まで待たねばならず、数百年前のものに価値が付いているのは主に歴史的価値にであり、そのようなヴィンテージの栓を抜いたとしても極上の味わいを体験できるわけではありません。
最高クラスに属するものでも通常は30年程度が一番味が良いとされています。

ワインを作る環境に適しているのはやはりブドウがその成分を濃厚にすることができる土地ということになり、雨が少なく温暖で乾燥した気候、水はけが良く土壌の栄養分が肥沃過ぎない土地であることが重要となります。

ですので地中海性気候のイタリアやスペインが特に適していると言えますが、世界の銘醸地で知られるフランスでは気候条件はそれなりで、しかし貴族や教会といった支配者として長い歴史の持つ勢力が情熱をかけて製造技術を高めていった背景が存在します。



またドイツなどでは気候の厳しさを逆手にとって他の地域では生み出すことのできないユニークなワインを製造することを実現しており、気候と同様に人間の情熱、技術が重要であるということを長い歴史の中で証明しているのです。

基本も充実したエキサイトニュースの情報を知りたい方必見です。

しかしそれでも気候は最重要条件に挙げられることは間違いなく、オーストラリアやアメリカ、チリといった気候に恵まれた国々では値段からは考えられないような高品質なワインが生み出されているのです。